人気ブログランキング |
ブログトップ

虹の向こうのhappy time

★2011.12〜2016.12まで5年間の後 新blogに移行中★


by tossyk
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

3.11の爪痕

改めて未曾有の災害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。
2011年秋、しばらくこの地で過ごした日々 自然の脅威
b0250144_1949971.jpg

ぼくが勤務したときはすでに瓦礫は撤去されていた
この神社は高台に でも社はなかった
b0250144_19495865.jpg

この市で甚大な津波被害のあった閖上地区 もうなにもかも無くて涙が出そうになった
「がんばろう」という言葉 ここの人はどう受け止めているのだろう
ぼくなら、そう言われても・・・・と思う
b0250144_19501987.jpg




毎朝、名取市の方と「さぁ-今日もがんばるぞ-!!」とカラ元気だったか?
これを踏み台にしてクルマに向かった、ここで支援した何人もの人たちが、ある意味においては思い出かと。。
b0250144_22263161.jpg

半月の出張支援、あと一日を残しての朝日。被災した街を照らして明日への希望を感じて
b0250144_2227348.jpg

海からかなり離れたところで
b0250144_19505841.jpg

仙台空港向かいの社屋
津波の痕跡後 ここの従業員さんはここに流されてきた人々をこの階段で助けたと言っていた
b0250144_1951215.jpg

仙台空港前 歩道屋根裏は汚れたままだった
b0250144_19523189.jpg

空港内 ここまで津波がきたと
b0250144_20145787.jpg

子供たちの一日も早い復興の願い
b0250144_19532898.jpg

ところどころ震災前の姿に戻っているけど、まだ危機感は拭いさられていない
b0250144_19534243.jpg

このときの勤務で孤独な日々を支えてくれた人に感謝しています
Commented by ぷろとん at 2012-03-10 23:21 x
tossyさん
貴重な生の記録を見せてくださり、ありがとうございます。
軽々しく言えないけれど、あらためて復興を願います。
Commented by makosukidayo at 2012-03-11 17:03

写真や映像
言葉そして想い

黙祷
今日二時四十六分
泪を零せることに
感謝を想います

一年経ちましたね
それでも 色々な場所は
跡形を残したままです

改めて また写真というモノに
目を向けてゆけたらいいなと
想いました。

Commented by manapinn at 2012-03-11 23:02 x
なんかコメント控えようかと思ったりしましたが・・
今日 ずーっとテレビで津波の映像流れていたのに・・
家の娘ちゃんには今一 これが日本って理解できていなかったみたくって・・(なぜだろう・・)
さっき「お母さん・・日本にも津波くる?」って質問されちゃって・・tossykさんのお写真見せてあげました。何か心に残るものがあったのか ジーットみて「何県?」って・・子供にも心に残るお写真撮ってくださってありがとうございました。
私とか何も出来ていないのに・・お手伝いしに出向かれて お写真まで撮って伝えてくださって・・
感謝です。。。
tossykさんって 遠い感じで・・私に近い感覚な感じかも・・ あ~(汗)失礼述べてたらすみませんm(__)m
Commented by chisai_0111 at 2012-03-12 20:39
とても辛いことだけど、
被災地の現状を伝えるということも大切なことですよね。
実際、瓦礫のこと、放射能のこと・・・
被災地ではまだまだ問題が山積みです。

実は彼の実家が宮城県なので、
去年の今頃は本当に苦しい時間を過ごしていました。
大切な人の笑顔を失ってしまうのではないかという恐怖。
家族全員の安否確認が出来た時のあの気持ちは、
きっと一生忘れることが出来ないと思います。
あれ以来、普通の生活を普通に送れる事が、
どれだけ幸せなことなのか実感する日々です。
Commented by fukuyuminia at 2012-03-12 23:31
こんばんは☆
実際に被災地に行かれて撮られたお写真。
こうして見せていただくことで震災がどれだけひどいものだったのか、
知ることができます。
写真に残すこと、それをアップすることでみんなの心にもいつまでも残る。
「写真」てすごい力があると思っています。
決して忘れてはいけない。
復興にはまだまだ時間がかかります。
私も自分にできること…それが微力であっても考えていきたいと思います。
日本は素晴らしい国ですものね。
Commented by tossyk at 2012-03-15 20:18
ぷろとんさん これまでこの写真を掲載するか迷いがあったけれど、
この日出すことにしました。

復興には長い道のりがあると思います。
Commented by tossyk at 2012-03-15 20:34
makoさん 一年経ったけど今もきっとあまり変わっていない
のかもしれません。

写真になにかを残しておかなくては。
との思いで撮りました。
Commented by tossyk at 2012-03-15 21:03
chisaiさん この災害は二次的な安全神話の崩壊でますます
普通が普通ではなくなった。
宮城県とご縁があったのですね。
本当に不安だったであろうとお察しします。
いろいろな家を訪問したけれど宮城の方は優しい人ばかりでしたよ。
支援活動では業務のほかにいろいろ話しも聞いてあげたりして
心のケアも必要と感じました。
Commented by tossyk at 2012-03-15 21:10
manaさん ぼく自身ここを訪れこの場所に立ったとき、
目の前のこの現実に言葉を失いました。
小さな子には、たぶん難しいと思うけどこの記録で何かを感じて
いただけたなら幸いかな。
近くに感じて懐かしい感じかな。。
Commented by tossyk at 2012-03-15 21:18
fukuyuminiaさん このときは片付けられて整然としていましたが
震災直後は想像絶する惨状だったのかと。
11日のテレビでうちの娘みたいやや大きい子が、まだお母さんと再会できずに
泣いていた光景が忘れられません。数年後に普通の生活が戻っても
還ってこないものがあります。
写真て、美しいものを撮るだけではなく記録を残すものとの思いを
感じた日々でもありました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tossyk | 2012-03-10 19:54 | 宮城県 | Comments(10)